物流に関するお電話でのお問い合わせ TEL: 0120-301674

在庫マネジメント

在庫水準の適正化で横持ち輸送の発生を回避。

在庫マネジメント自社の工場、営業所、店舗にどれだけの在庫があるのか。事業拡大とともに、サプライチェーンが複雑化し、在庫の実態を把握しきれていない企業は少なくありません。富士ロジテックでは、過剰在庫の発生や在庫の偏在化などでお悩みのお客様に対して、在庫分析から「在庫管理のあるべき姿」のご提案、物流体制の再構築までをトータルでご支援するサービスを提供いたしております。

事例1:大手食品メーカーG社様

現状と課題

G社様では、工場、支店、全国の店舗がそれぞれに製品在庫を管理していました。しかし、当社で在庫分析を実施した結果、現行の体制には、支店や店舗で出荷・販売の頻度が低い品番の製品在庫を多く抱えていたり、逆に頻度の高い品番の製品の安全在庫水準にバラツキがあるなどの課題が見つかりました。また、欠品を回避するために支店間で製品の横持ち輸送が発生していたり、工場への緊急生産オーダーに伴って輸送効率が低下している、といった問題点もありました。

当社からのご提案

そこで当社では、(1)WMS(倉庫管理システム)を活用した製品在庫の全社的な一元管理化、(2)支店を経由せず、工場周辺に用意する倉庫から全国の店舗に製品を直接供給する、(3)工場や支店でのセット加工業務を、倉庫での作業に切り替える――といった物流改革プランをご提案いたしました。

改革後の体制と成果

一連の物流改革の結果、G社様は、(1)セット加工機能を切り離したことで、工場は生産業務に専念できるようになった、(2)工場~支店~店舗といったサプライチェーン上の在庫を大幅に圧縮、(3)物流機能をなくしたことで、支店は営業活動に特化できるようになった、(4)横持ち運送コストを削減、(5)工場倉庫~店舗への直送化でより鮮度の高い製品を市場に投入――などを実現しました。

お問い合せはこちら

お電話でのお問い合わせ TEL: 0120-301674

株式会社富士ロジテックホールディングス
開発本部 受付時間 月~金曜日 AM9:00~PM5:30

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ
埼玉圏央道IC近くの大型倉庫
富士ロジテックの派遣スタッフ登録
FujiLogi Movie
富士ロジテック採用サイト
page top