物流に関するお電話でのお問い合わせ TEL: 0120-301674

【Fujilogi.net D2C/Eコマースコラム】【マーケティング運用Tips・研究シリーズ】D2Cモデルで検討すべきフルフィルメント設計とインクルードアイテム設計のニューノーマル

【Fujilogi.net D2C/Eコマースコラム】【マーケティング運用Tips・研究シリーズ】D2Cモデルで検討すべきフルフィルメント設計とインクルードアイテム設計のニューノーマル

2022年1月14日

【マーケティング運用Tips・研究シリーズ】D2Cモデルで検討すべきフルフィルメント設計とインクルードアイテム設計のニューノーマル

富士ロジテックの Fujilogi.net D2C/Eコマースコラムの一部を転載しています。


 

D2Cモデルを採用している事業者で、従来型のフルフィルメント設計や、インボックス設計を採用している事業者がとても多いです。理由を尋ねても、成功している●●ブランドが実施しているから、エージェント、コンサルタントからの提案があったからが大方の理由です。自分自身のブランドとしての価値観や、ストーリーをお届けして、コミュニケーションを交わして、共感と顧客体験を共有していただくことが、ブランディングの1つであるとすればとても勿体ないことです。

今回のコラムでは、フルフィルメント設計とインボックス設計についてD2Cとして検討すべき点について考察していきます。

フルフィルメント(FULFILLMENT)設計

フルフィルメントとは、D2Cビジネスにおいて、

一般的には

受注から配送までの業務

 受注処理: 受注確定・受注保留解消

 在庫管理: 入荷・検品・棚要・商品保管

 梱包: ピッキング・発送検品・同梱物セット

 発送: 配送会社への出荷処理・出荷発送データの取込

 受渡し確認: 配送ステータス・配送完了確認

 代金回収: 後払いデータ処理と請求書発送同梱・代金引換支払

 業務プロセス全体のことになります。

顧客に商品をお届けしたからの業務

   苦情処理

   問い合わせ対応

   返品・交換対応

   代金督促

続きはこちらから
 

ブランド運用に関するオピニオン・対談はこちらから


Voice - 富士ロジテック.pngのサムネイル画像

お問い合せはこちら

お電話でのお問い合わせ TEL: 0120-301674

株式会社富士ロジテックホールディングス
開発本部 受付時間 月~金曜日 AM9:00~PM5:30

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ
page top